デイサービスを経営しよう|独立したい人は支援サービスをチェック

安定できる

男性女性

利益を追求する

働く事で人間は安定した生活を送る事ができます。働く時には団体に所属して経営者から給与を支払われる人がほとんどです。大きな目標を設定して利益を得るためには、個人の力では足りない事が多々あります。その時に所属する団体は株式会社が主流です。余った利益を分与する事ができるため、目標以上の数字を稼ぐために社員が本気になるからです。しかし利益を追求する余りに配慮を怠ってしまう場合があります。利益獲得を目指したために誰かを傷つけてしまえば、将来的に問題へと発展する恐れもあるのです。そして人間はお金に対する執着を悪徳と判断する傾向があります。つまり株式会社を発展させてより優れたサービスを提供しようとしても、利用者に誤解を与えてしまう恐れがあるのです。

一般社団法人設立を目指す

株式会社の活動が誤解を与えてしまう理由は、余った利益を株主で分配するという仕組みです。つまりその点を解消する事ができれば誤解されがちな点を解決できます。一般社団法人設立を目指す経営者が増えた理由は、利益を会社の発展に尽くす事をアピールしたいからです。一般社団法人設立によって作られた団体は、得た利益を翌年の経営に利用する事を約束します。それは法律によって決定されている事なので、一般社団法人設立は社会奉仕活動を宣伝できるのです。一般社団法人設立は複数の手順を踏んで実行できます。公益を目的としているNPO法人と違う点も人気の理由の一つです。活動内容が非常に幅広いため、自身の望む社会への奉仕を目指す事ができます。