デイサービスを経営しよう|独立したい人は支援サービスをチェック

法人として経営

スーツの男性

法人格を持つと運営が安定する

何か事業を行いたいと考えた時、法人格を持っている方が有利です。逆に法人格を持たないで行動を起こす事で、不都合が生じる場合があります。 何かに対して活動をする時、何かと契約する事を迫られます。例えば外部からの要望を聞きたい場合には固定電話を設置する必要がありますが、契約には名義が必要です。法人格を持っていれば、団体名で登録する事ができます。しかし法人として認められていない場合、代表者などの名前を使う事になります。 仮に代表者が活動を停止すると契約者の名前が使えなくなり、各種契約を再び行う必要があります。それらの手間は契約数に比例して大きくなる事は間違いありません。よって法人格を取得して活動した方が、効率性において優れています。

NPO法人設立のメリット

公益を意識した非営利活動を行っているのであれば、NPO法人設立する事が適しています。一般社団法人という選択肢もありますが、そちらはボランティア以外の活動も可能です。よって公益をアピールするなら、NPO法人設立を表明した方が効果があります。 NPO法人設立をする事で、法人格を持つ事ができるようになります。法人格を持てば法律に基づいた活動が行えるため、登録者の行動を制限する事も可能です。個人では法律を意識しないで行動する傾向が強くなるため、行き過ぎた行動に繋がる場合があります。しかしNPO法人設立を達成すれば、法の下で活動する事を余儀なくされます。それは逸脱した行動を慎む効果を確実に持っているのです。